Tag Archives: 小川洋子

小川洋子・著『ことり』

Tweet                                   冒頭、小鳥の小父さんと呼ばれた1人の老人の遺体が発見されます。 遺体は鳥籠を抱えており、鳥籠には一羽の小鳥が。 そして、小鳥の小父さんの子供 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | 2 Comments

小川洋子著『最果てアーケード』

Tweet                                   「そこは世界で一番小さなアーケードだった。そもそもアーケードと名付けていいのかどうか、迷うほどだった。」 そんなアーケード街のちょっと変わっ … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment