Tag Archives: 小川洋子

小川洋子、クラフト・エヴィング商會・著『注文の多い注文書』

Tweet   その街区は都会の中の引き出しの奥のようなところにありました。   表紙を開くと、まず一文書かれています。 目次よりも先です。   小川洋子がクラフト・エヴィング商會をたずねてゆくところのようです。   見 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

小川洋子・著『いつも彼らはどこかに』

Tweet                                   小川洋子の短編集で、帯には連作とありますが、8つの短編は全て独立していて、ストーリーや登場人物が重なるということはありません。 それでいて、 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | 2 Comments

小川洋子・著『原稿零枚日記』

Tweet                                   不思議な小説です。恥ずかしながら、私は当初エッセイだと思って読み始めました。 タイトルが示す通り、日記形式で綴られていて、冒頭に目次がないの … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | 1 Comment