Monthly Archives: 2月 2014

小川洋子、クラフト・エヴィング商會・著『注文の多い注文書』

Tweet   その街区は都会の中の引き出しの奥のようなところにありました。   表紙を開くと、まず一文書かれています。 目次よりも先です。   小川洋子がクラフト・エヴィング商會をたずねてゆくところのようです。   見 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

中村文則・著『去年の冬、きみと別れ』

Tweet   悲しみも憎悪も喜びも全て終わっていく。僕の人生もやがては過ぎていく。小さな石の墓の周りを、静かに風が通り過ぎていくように。   前を向いて歩いていたつもりが、ふとした瞬間、実は後戻りしていることに気付く、 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment