Monthly Archives: 12月 2013

森鴎外・著『高瀬舟』

Tweet      高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である。   小説は、罪を犯し遠島になってこの高瀬舟で運ばれる、一人の罪人の身の上話です。   高瀬舟で運ばれる罪人には護送の同心が付 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

島崎藤村・著『破戒』

Tweet     破戒――何という悲しい、壮しい思想だろう。   主人公は師範学校を卒業して学校の先生をしています。高等小学校の4年を受けもっているということですから、今なら中学くらいでしょうか。 また、師範学校という … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

三島由紀夫・著『憂国』

Tweet     登場人物は夫と妻の二人です。 短い小説ですが四つに分かれています。各章は 「壹」「弐」「参」「肆」 と表記されており、暗示的です。 参まではササッと読み進めたのですが、肆に至って、通勤電車の中でちょっ … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment