Monthly Archives: 7月 2013

カミュ・著『異邦人』窪田啓作・訳

Tweet       きょう、ママンが死んだ。   すごい書き出しです。 でも、このすごさに気づくのは、最後まで読み終わって、もう一度ここに戻ったときです。 「その日」とか「あの時」とかではなく、「きょう」なのです。 … Continue reading

Posted in 小説, 翻訳
Tagged , | Leave a comment

安岡章太郎・著『海辺の光景』

Tweet                                   この小説は母と子の物語です。 「海辺(かいへん)の光景」と読むようです。   母と子を結びつけているのは一つの習慣であるにすぎない。けれども … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

松家仁之・著『火山のふもとで』

Tweet                                   表題の火山は浅間山のことです。 浅間山のふもと、というより、ほとんど直下といってよい、青栗村が小説の舞台のほとんどなのですが、青栗村はどうや … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment