山田詠美・著『ぼくは勉強ができない』


                           <PR>高校生アルバイト特集

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)                                 
私は高校時代、この小説の主人公のようには、格好良くありませんでした。
健康ではありましたが、身体の健全さをアピールする何物をも持ってはいませんでした。
内面的には拡大する自我に押しつぶされそうになってました。他人との距離感がうまくつかめず、殊に異性に対してはどう振る舞っていいかわかりませんでした。
 
主人公の時田秀美は高校生の少年。小説はクラス委員長を決める選挙からはじまります。
 
この小説は短編連作の形になっていますが、全体を通して、主人公の成長の物語として読むことができます。
 
主人公は勉強はできないけど、クラスの女の子に人気があり、年上の彼女がいて、サッカ一部に所属しています。
クラス委員長はクラスで一番成績はよいが女の子にはモテない脇山が当選します。主人公は3票差で書記になります。
 

大学を出ないとろくな人間になれない。脇山は、何の疑問も持たない様子で、そうロに出した。何故なら、そう教える人間たちがいるからだ。いい顔になりなさいと諭す人間が少な過ぎるのだ

 
主人公は幼なじみの女の子をけしかけて、脇山にいたずらを仕掛けます。
 
主人公は皮相的な常識や決めつけにとらわれないおおらかさを持っています。
 
作者の創出した主人公は痛快に脇山のような型にはまった人間をやっつけますが、
この主人公の愛すべき点は、

常識にとらわれず自分の価値観を大事にし、
なおかついい顔をしている、
ということだけではありません。
寧ろそれだったら鼻持ちならない傲慢な若者でしょう。
 
主人公はまたよく考え内省をするのです。
 
脇山の常識と、自分との間にあるものを見極めようとします。
意識の高い若者にありがちな、

自分の価値観や正義感を無闇に周囲にバラまいて他人を否定する

というようなことはしません。
 
母親や祖父、担任や、年上の彼女のような、自分が好ましいと思える人からよく学び、また、脇山や他のクラスメ一トの行動から、自分を深めるきっかけを見出してゆきます。
 
脇山や他のクラスメ一トも、互いに影響しあって成長しているのでしょう。時に残酷に傷つけたりしても…。
 
そんな吸収力の高さこそが10代の良さだし、「僕は勉強ができない」と開きなおることもできれば、「僕は勉強ができる」と自分の可能性の扉を自ら開くこともできるのだと思います。
 
途中、太宰治の『人間失格』を下敷にした箇所があり、あらためてまた読んでみたいな、と思いました。葉蔵と秀美の自意識とその行動の比較は興味あるテーマです。
 
葉蔵の自意識とその煩悶の救いのなさに、かつて高校生の私は何度も本を閉じたものでしたが…。

 







Posted in 小説. Tags: . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です