Tag Archives: 岩城けい

岩城けい・著『さようなら、オレンジ』

Tweet       私は物語も伴ばを過ぎるまで、本書が翻訳だと思っていました。   表紙の、オレンジ色の光を浴びて水辺に佇む黒人女性と思われる人の後ろ姿が目を惹きます。 ちょうど背中にあたる部分にタイトルが白抜きで書 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment