Tag Archives: 小林多喜二

小林多喜二・著『蟹エ船』

Tweet                                   主人公はいません。敢えて言えば、そして有り体に言えば、主人公は労働者です。   巨大資本に隷属させられ、搾取され、法の枠組みからも、社会の枠 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment