Monthly Archives: 12月 2013

三島由紀夫・著『潮騒』

Tweet     結局一つの道徳の中でかれらは自由であり、神々の加護は一度でもかれらの身を離れたためしはなかった   この小説は、平たく言ってしまえば、まだ少年少女と言ってよい若い男女の恋愛の物語です。 また、一人の少 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

保坂和志・著『未明の闘争』

Tweet      よくわからない小説でした。   私は一週間前に死んだ篠島が歩いていた。   小説の冒頭から意味が通りません。   分厚い本とタイトルに読みごたえを期待して買って帰ると、この一文につまずきます。 それ … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment