Tag Archives: 窪田啓作

カミュ・著『異邦人』窪田啓作・訳

Tweet       きょう、ママンが死んだ。   すごい書き出しです。 でも、このすごさに気づくのは、最後まで読み終わって、もう一度ここに戻ったときです。 「その日」とか「あの時」とかではなく、「きょう」なのです。 … Continue reading

Posted in 小説, 翻訳
Tagged , | Leave a comment