Tag Archives: 永井荷風

永井荷風・著『すみだ川』

Tweet      小説は、ある時間のある場所を切り取って、そこに生きる人を描きます。当たり前のことではあるのですが、ある場所のある時間を切り取ることは、二義的な要素で、一義的には描き出された人物によって、時間や場所を … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment