Tag Archives: 辻原登

辻原登・著『冬の旅』

Tweet                                   重い小説です。誰も救われません。 ひょっとして最後に希望の光が、と期待していると、最後の最後に更に底の底に落ちてゆきます。   作中、阪神淡 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment