Tag Archives: 芥川龍之介

芥川龍之介・著『地獄変』

Tweet     良心について書かれています。 否、書かれていないのです。   人が鬼ともなりうることを描くことで、人が人であることを描こうとした、私はそう読みたいのです。   人は醜く愚かで残虐です。 ヒュ … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment