Tag Archives: 石牟礼道子

石牟礼道子・著『椿の海の記』

Tweet                                   私が石牟礼道子の名前を知ったのは、「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」の第30巻に、「苦海浄土」が収められたことによります。 「苦海浄土」は … Continue reading

Posted in 自伝
Tagged | Leave a comment

石牟礼道子著『食べごしらえおままごと』

Tweet                                   「食べることには憂愁が伴う。」 石牟礼道子の食のエッセイです。 最初のページの一文に、惹き付けられました。須賀敦子全集の第5巻を買いに行って … Continue reading

Posted in エッセイ
Tagged | Leave a comment