Tag Archives: 川端康成

川端康成・著『雪国』

Tweet      国境の長いトンネルを越えたら、普通は1人の青年の魂の遍歴とか、心の成長の物語を期待するものです。   川端康成の『雪国』に、それはありません。   夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。   … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment