Tag Archives: 大江健三郎

大江健三郎・著『芽むしり仔撃ち』

Tweet                                     人殺しの時代だった。永い洪水のように戦争が集団的な狂気を、人間の情念の襞ひだに、躰のあらゆる隅ずみ、森、街路、空に氾濫させてい … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment