Tag Archives: 三島由紀夫

三島由紀夫・著『憂国』

Tweet     登場人物は夫と妻の二人です。 短い小説ですが四つに分かれています。各章は 「壹」「弐」「参」「肆」 と表記されており、暗示的です。 参まではササッと読み進めたのですが、肆に至って、通勤電車の中でちょっ … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment

三島由紀夫・著『潮騒』

Tweet     結局一つの道徳の中でかれらは自由であり、神々の加護は一度でもかれらの身を離れたためしはなかった   この小説は、平たく言ってしまえば、まだ少年少女と言ってよい若い男女の恋愛の物語です。 また、一人の少 … Continue reading

Posted in 小説
Tagged | Leave a comment